低級指す将の日々

将棋強くなりたいなと思ってしまった30代女性の奮闘記。移住、結婚などの変化があっても続けられるのか。おばあちゃんまでに初段が目標です→羽生先生が竜王のうちに初段なりたい欲がムクムク。

コンパクトなものの魅力について羽生先生の語ったこと

3/1に静岡市のふじのくに自然環境史ミュージアムで開催された羽生善治先生の講演会に行ってきました。

テーマは「コンパクトなものの魅力」

 

歌人の田中さんが聞き手として羽生先生のお話を引き出す形で進行します。

田中さん曰く、元はごろ〇フーズの社長さん?、伝統工芸作家の親子さんなどひとりひとり羽生先生に紹介したいくらいの方々がいらしていたそう。

 

1時間という短い時間ながら、田中さんが以前羽生先生と対談されて既知の仲かつ同じ年ということでぐいぐい踏み込み、また羽生先生も明瞭に答えたため非常に濃い内容だったので箇条書きでまとめさせていただきます。

 

Q&A

Q.永世七冠をとった率直な気持ちは?

A.(永世七冠になれる)3回目のチャンスを活かせたなあという気持ちと、棋士生活30年という節目の達成感を得た気持ちです。

 

Q.プロになれたときの気持ちは?

また一年目からいきなり勝率1位となられましたがどう思っていましたか?

A.四段になれると、〇歳までに抜けなくてはプロになれないという縛りなどから解放されてホッとしました。自分がその年齢だったわけではないですが縛りはプレッシャーでした。

四段になるまで記録係を経験せず、棋士の方とは対局で初対面だったので、一局一局緊張して臨みました。特に関西所属の棋士は対局ではじめまして。緊張しました。プロ一年目は他にも勝っている方がいたので自分だけ突出して勝っていると思いませんでした。

竜王のタイトルを19歳でとりましたが順位戦では足踏みしていました。19歳タイトルは、流石に数年は破られないだろうと思っていましたが、一年経ったら屋敷さんが18歳でタイトルを取得しました(笑)自分が思うよりも簡単に覆されるものなんだなと(笑)

 

Q.24歳で名人になったときの気持ちは?

やった!っ思いました?どんな勉強されたのですか?

A.(苦笑)3年間少しずつ登った感覚でした(笑)

10代20代は決まった時間で将棋の勉強をするということはなく、公式戦でアイデアや発想を考えていました。また移動が多かったので移動時にもアイデアや発想をよく考えていました。

 

Q.2000年、タイトルを破られ一冠に。一冠もすごいのですが...うまく行かないときにどう思っていましたか?

A.負ける時は、不調なのか、実力なのか見極める自己診断をします。

実力ならば、正統公平な評価であり結果なので事実を真摯に受け止め、努力して次のチャンスを伺う。

不調ならば、やっていることは間違っていないが結果が出ていない。結果が出るまでタイムラグがあるのでやっていることは変えない。ただし落ち込みやすいので気分転換を心がけます。例えば、早起き、部屋の模様替え、趣味を始めるもしくはやめるなどですね。

いつベストパフォーマンスを発揮できるかといえば、リラックスかつ楽しく、肩に力が入っていないときです。

いい緊張は「身が引き締まる」、悪い緊張は「身がこわばる」と日本語で言います。

気持ちの面で向かって行きやすいよう「身が引き締まる」を目指します。ほどよくリラックスが理想です。

 

Q.何故、相手の得意戦法に飛び込むのか?

A.流行を無視して自分のスタイルを貫くと、できることが少なくなります。ファッションで黄色や赤が流行っても黒しか着れないみたいな。リスクがあっても長い目で見た時は流行を取り入れたほうがいいです。効率重視の世界では難しいかもしれないが将棋の世界はスパンが長いのでできます。

ただ、時間との勝負はありまして、研究手を出したら、もうすでに新しい対策が出ているというリスクはあります。

 

Q.好きな駒は?

A.銀。駒の種類(飛車、角、歩など)の中で、真ん中の強さでありますし、攻守の要です。

歩も重要ですね。歩を使いこなせれば将棋は上達します。

 

Q.好きな言葉は?

A.揮毫にも使う「玲瓏」です。

元々は八面玲瓏。まっさらで理想的な状態。

似た言葉では明鏡止水です。

ただ、揮毫選びは先手必勝なので(笑)

 

Q.将棋と短歌の共通項は?

A.遊びは面白いものが残り、つまらないものが廃れます。面白くするためには、駒を強くしたり増やしたりするか、盤面を複雑化する。ところが、将棋は駒を少なくし盤を小さくしました。400年前、現在のルールが確立したときの将棋は81面。この「小さくコンパクトにする」ことが日本文化の特徴であり、短歌との共通点ではないでしょうか。例えば能面は表情を見せないことでより情念を露わにしています。

 

詰将棋も簡潔です。江戸時代に名人が将軍に献上するために作った詰将棋の作品集があります。その中で煙詰めという詰将棋があり、解いたときは、ただ解けた以上の感動がありました。

詰将棋を通して時空を超えたキャッチボールをしているみたいですね。

 

Q.羽生先生のお話は、悠久の流れのロマンを感じますね。藤井聡太六段のような才気煥発の若武者の受け止め方をどう考えてますか?

A.160人棋士がいて先輩が40人なので、近年の対局はほとんどいつも後輩です。同年代か後輩、10歳や20歳下の棋士と戦うのが普通です。年が離れた棋士との対戦は藤井六段だけではありません。

世代が変わると、文法は変わらないけれど、言葉づかいが変わるようなことが、将棋の盤上でも起こるんですよ。

ジェネレーションギャップはあるけれど、世代が違うから受け入れないということではなく、取り入れられるものは自分のスタイルに取り入れたいと思っています。

 

Q.将棋が教えてくれることは?

A.「棋は対話なり」といように指し手の理由をあれこれ推測して自分の指し手を決めます。相手の気持ちをあれこれ考えるところは将棋を通じて学ぶところではないでしょうか。

 

Q.加藤一二三九段も人気ですね。先生から見た加藤先生は?

A.加藤先生は規格外の方です(笑)

棋士もサラリーマン同様、20歳くらいでデビューし60歳で引退の通常40年くらいが現役で、63年は連盟も標準では想定していません。勤続表彰は25年と40年で、その上はないんです(笑)

私は30年ですが加藤先生の半分の折り返し地点ですが30年でも大変。最近、加藤先生の凄さをリアリティをもって実感しています。

70代で、長時間の対局を、一年間コンスタントにこなすのは大変だと思います。自分が70代になったときを想像すると自信がありません(笑)

 

Q.これから先の夢は?

A.目標はあまり定めません。

けれど、自分が想像していなかったものになりたいと思っています。思い描かないところへ進みたい。

こうして棋士をしているのも想像していたせんでした。教えてくれる友達に会っていなければ将棋は指していませんでした。

 

Q.最後に これまでに出会った人で一番影響を与えられた人は?この人がいなければというような。

A.うーん、八王子道場の席主さんかなあ。子どもが多かったのと、すくすく伸ばしてくれました。

 

その他いろいろ

▪️10代の頃、深夜の対局後に警察に補導されそうになったことがある。
▪️棋士は体力勝負。持久力と体力が必要。
▪️ご飯でゲンは担がない。普通に食べる。

▪️ 名人戦は江戸時代にできた家元制度が元になって時代とともに実力制になってきたものなので一番古く伝統と格式があってタイトル戦の中でも別格。テニスでいえばウィンブルドン

▪️現在の将棋ルール確立は400年前。

▪️静岡のいいところは、気候が温暖で海鮮が美味しく他の食べ物も豊か。北に富士山、南に駿河湾の風景を見ると、ああ、いいなあ、静岡だなあと思う。

▪️家ではのんびりしている。カレンダー通りには過ごしていない(土日決まって休みなどの意味かと)。棋士のいいところは、ボーッとしていても傍から見たら違いがわからないところ(笑)周りがいいように考えてくれます。

▪️子どもの教育方針は特にありません。すくすくと育ってくれれば(笑)

▪️(娘さんがおふたりとのことですがもし結婚されるという話になったら、娘は渡さん!みたいに反対しますか?(笑))娘の結婚はなってみないとわかりません(笑)

 

感想はまた別に書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇年目〇度目かの初段になりたい

2013年にブログを作った私ですが、

2014年に退職、帰郷、転職、そして結婚(しかも家業を営む長男に同居嫁入り)と

環境が激変する中で、将棋に取り組む時間と精神力がなくなりました。

 

旦那さんとのパートナーシップの形成だけでなく、家業も家事も慣れていかなくてはいけません。

父は兼業農家かつ自身もサラリーウーマンをしていた私からすると、家業を営む家は独特で価値観が違い過ぎて戸惑いの連続。

 

義祖母、義母、義姉と家事をする女性が私も含め4人いたのも大変でした。

私の家は母がオールアバウトにやって、私もオールアバウトでひとり暮らしでのスタイルをしてきたので、世界観が違いすぎて。。。

何故、毎日、洗濯機を4回も回さなくてはいけないのか?何故、昼も夜もご飯を作って後片付けも全て私がしているのか?何故、味付けに「濃い」だの言われながら手もつけられないことがあるのか?何故、時間がないだろうからと大量にカレー等を用意すると、同じものを次の日は食べないので、新しい料理を作らないといけないのか?

疑問を出せばキリはないが、そんな中で慣れるのに必死で生きてきた。

ちなみに旦那さんは私と同じ考え方(仕事優先、家事は仕事の合間でいいし、ご飯は作り置きでもかまわない、エスニックなどのスパイスを使った料理も好き)であったが、いかんせん同居である。

 

家族になる、その大変さを身をもって知った日々である。

 

途中、本格的に精神も病みつつ闘病をし、かといって人はいないので家事も仕事も邁進してきた。

将棋は続けたく、農閑期の合間にTwitter順位戦に参加しようと思ったが、実母が入院して実家に手伝いに通い、また嫁ぎ先での確執で病気が悪化し、辞退せざるを得なくなった。(その節は申し訳ございません)

なんとか実家に行き、家の家事や仕事をする以外は寝ていた。モノを食べることができず起き上がれず、またありとあらゆる興味や好奇心が失せ、読書をする気力もなく、もう二度と過去の自分は戻ってこないし、この先生きていても楽しいことがないのではと思っていた。粉骨砕身であった。仕事も停滞し、夫婦仲も家族内もピリピリしていた。

しかし、ここに来て事態が好転してきた。

 

姉の結婚と会社が少しずつ回りはじめたことである。家事も体調悪くてもやり続けたおかげかコミニュケーションが円滑になってきた。また、私の病気も回復しつつあり、読書ができるようになってきた。

 

そしてさらに追い風。

大好きという言葉では語るに足らず、尊敬して崇拝してやまない羽生善治先生が竜王を奪取し、永世七冠となったのである。

これは羽生先生が竜王のうちに初段免状を得るしかない!ということで

〇年目〇度目かの「初段になりたい」が内から沸き上がってきました。

 

終盤力を鍛えるために森信雄先生の『逃れ将棋』を早速ポチッた。

今度のオイラはひと味違う!?

今度こそ…!

 

 

 

 

 

ぴよの手も借りたい

ぴよ将棋という将棋アプリ。

指すと「ぴよぴよ」という効果音が「かわいいなあ~」と思って、駒落ちの練習などに使っていたのですが、この子の棋譜解析機能がけっこう使えるのです。

 

将棋ウォーズ、将棋クエストなどのオンライン対戦はお相手と感想戦ができませんね。

感想戦は「どこが良くてどこが悪かったか」振り返り、反省する学びのチャンス。

自分だけでなく、お相手の考えていたことを聞けると学びは2倍以上。

けれども オンライン対戦などでお相手と感想戦ができない~。

 

そんなときはぴよ将棋の出番です。

助けてぴよぴよ~!( ゚∀゚)o彡

 

ぴよ将棋のトップのウォーズ棋譜検索orクエス棋譜検索から棋譜を探します。

(IDで検索できるよ)

選択した棋譜を開きます。メニューから棋譜解析(自動解析)を選択します。

しばし待つと形勢グラフ、悪手・疑問手・良手、一手一手の推奨手を ぴよぴよが出してくれます。

わーお、見える化!ありがとう、ぴよぴよ

 

この一手一手の分析が勉強になるのです。

例えば下図の次の一手。

 

f:id:marumarumarucco:20170714132412j:image

 

ぴよぴよの手は

 

▲3四歩

△同銀

▲4四角 ! 王手飛車!!(´口`)

 

実戦で見つけられなかったのですが手筋ですね。

早速、直近の対局にも活かすことができて嬉しいです。

 

便利な将棋ソフトをスマホで手軽に使える時代です。ソフト使うことにためらいがあったのですが、最近は考えを改めております。

近道できるなら補助的に使おうと。

解析しながら自分の頭でも考えるので感想戦を放棄しているわけではないですし。

どんどんツールとして使って自分の学びに活かしちゃおっと。

 

 

 

 

 

 

第2回七夕杯第3夜

七夕杯という初級者のオンライン棋戦で角落ちで対局してもらいました!

結果は 切れ負けという(涙目)

しにたい。。。

いっそだれかわしを殺してくれ。。。

 

序盤の構想は意図通りにいって「やったー!」と嬉しかったのですが

時間を使いすぎて

肝心な中盤の駒がぶつかるところで時間切れという。

これを自爆と言わず何を自爆というのかorz

 

非常にショッキングな対局となりました。

私にとってもですが

時間切れは相手にも後味が悪いのですよね(猛反省)

 

今回の対局にあたり、私も準備したのですが

お相手の方ももちろん準備しております。

簡単な展開には持っていけないのです。

人生都合よくできていないない。

 

今回の対局にあたって

事前に指導将棋して下さったみなさまに感謝を申し上げます。

練習時にアドバイスいただいたことは

駒落ち戦なので、位をとりながら駒を盛り上げて指すのがよいといのこと。

おばちゃんは高校時代、攻めのスピード優先で居玉優先の棒銀党でしたので駒を連携させて指す将棋のつくりがわかりません。

攻めのスピード と 駒組みの間でとウゴウゴと悩むおばさんでした。

棋力上げるためには 将棋を作り直す必要があるのよね。

でも急戦指したい!ああ、わがまま。

 

開始日時:2013/09/23

場所:81Dojo (ver.2013/06/04)

手合割:角落ち

先手:自分

後手:お相手

手数----指手---------消費時間--

   1 8四歩(83)   ( 0:14/)

   2 7六歩(77)   ( 0:8/)

   3 6二銀(71)   ( 0:7/)

   4 6八銀(79)   ( 0:9/)

   5 5四歩(53)   ( 0:5/)

   6 5六歩(57)   ( 0:4/)

   7 5三銀(62)   ( 0:5/)

   8 4八銀(39)   ( 0:5/)

   9 4二玉(51)   ( 0:4/)

  10 2六歩(27)   ( 0:8/)

  11 3二玉(42)   ( 0:3/)

  12 2五歩(26)   ( 0:6/)

  13 4二金(41)   ( 0:2/)

  14 7七銀(68)   ( 0:25/)

  15 4四歩(43)   ( 0:12/)

  16 5八金(49)   ( 0:8/)

  17 4三金(42)   ( 0:8/)

  18 3六歩(37)   ( 0:9/)

  19 6二金(61)   ( 0:8/)

  20 6八玉(59)   ( 0:38/)

  21 7四歩(73)   ( 0:6/)

  22 6六歩(67)   ( 0:6/)

  23 7三金(62)   ( 0:5/)

  24 6七金(58)   ( 0:3/)

  25 6四金(73)   ( 0:6/)

  26 7八玉(68)   ( 0:4/)

  27 7三桂(81)   ( 0:8/)

  28 7九角(88)   ( 0:11/)

  29 4五歩(44)   ( 0:27/)

  30 2四歩(25)   ( 0:19/)

  31 同 歩(23)   ( 0:7/)

  32 同 角(79)   ( 0:13/)

  33 2三歩打   ( 0:41/)

  34 6八角(24)   ( 0:16/)

  35 4四銀(53)   ( 0:27/)

  36 3七銀(48)   ( 0:19/)

  37 5五歩(54)   ( 0:9/)

  38 同 歩(56)   ( 0:20/)

  39 同 銀(44)   ( 0:4/)

  40 5六歩打   ( 0:5/)

  41 4四銀(55)   ( 0:6/)

  42 2六銀(37)   ( 0:7/)

  43 5二飛(82)   ( 2:44/)

  44 2五銀(26)   ( 1:49/)

  45 2二銀(31)   ( 0:5/)

  46 1六歩(17)   ( 2:30/)

  47 3四歩(33)   ( 0:10/)

  48 1五歩(16)   ( 1:28/)

  49 5五歩打   ( 0:22/)

  50 同 歩(56)   ( 0:46/)

  51 同 銀(44)   ( 0:6/)

  52 5六歩打   ( 0:13/)

  53 4四銀(55)   ( 1:27/)

  54 1四歩(15)   ( 0:12/)

  55 同 歩(13)   ( 0:6/)

  56 2四歩打   ( 1:5/)

  57 同 歩(23)   ( 1:25/)

  58 同 銀(25)   ( 0:4/)

  59 2三歩打   ( 0:7/)

  60 1二歩打   ( 0:11/)

  61 2四歩(23)   ( 1:18/)

  62 1一歩成(12)   ( 0:3/)

  63 同 銀(22)   ( 0:37/)

  64 2四飛(28)   ( 0:5/)

  65 2三銀打   ( 0:16/)

  66 2八飛(24)   ( 0:23/)

  67 2四歩打   ( 0:5/)

  68 1八香打   ( 1:46/)

  69 1二銀(11)   ( 0:47/)

  70 2五歩打   ( 0:37/)

  71 同 歩(24)   ( 0:22/)

  72 1四香(18)   ( 0:8/)

  73 1三歩打   ( 0:41/)

  74 同 香成(14)   ( 0:10/)

  75 同 銀(12)   ( 0:15/)

  76 同 香成(19)   ( 0:11/)

  77 同 桂(21)   ( 0:48/)

  78 2四銀打   ( 0:27/)

  79 同 銀(23)   ( 0:26/)

  80 同 角(68)   ( 0:4/)

  81 2二銀打   ( 0:23/)

  82 1四歩打   ( 0:15/)

  83 3三銀(44)   ( 0:11/)

  84 6八角(24)   ( 0:29/)

  85 1二歩打   ( 0:14/)

  86 1三歩成(14)   ( 0:20/)

  87 同 歩(12)   ( 0:3/)

  88 切れ負け   ( 0:0/)

はじめました

将棋用のブログを始めました。まるまると申します。

 

ブログを始めた動機は、今度こそ初段になりたい。

 

私は一度将棋で挫折し、10年ほど将棋を離れております。

  

高校時代、3年間、将棋部で部活に打ち込んだものの、

目標の3年夏の全国団体入賞に届かず、

初段にもならず、

大学進学後、将棋から離れてしまいました。

 

可能性を広げるために別の分野に挑戦したというタテマエを言っていたものの

心のどこかでは

将棋から「逃げた」という後ろめたさから

疎遠になっていました。

 

将棋との距離が近づいたのは社会人になってから。

3月のライオンの零くんと高橋くんのセリフ。(2巻)

「多分 「逃げなかった」って記憶が欲しかったんだと 思います」(零くん)

「ピンチのときによく自分を信じろって言われるんすけど

自分のなかにちょっとでも逃げたりさぼったりした記憶があると

(中略)

それができないんです。

そうゆうのなくしたかったってことですよね」(高橋くん)

 

「逃げなかった」って記憶。

心にずしりと来るセリフ。 

頭の中をぐるぐると回っていました。

 

ちょうど同じ頃、恩師の娘さんが

奨励会員として女流棋戦で活躍する姿をニュースで目にした。

あの頃、小学生だったあの子はずっとひとつのことに打ち込みがんばっているんだなあ。

 

「逃げなかった」という記憶がほしい。

ひとつのことに向き合いたい。

 

学生から社会人になって数年。

余裕が出てきたこともあり自己を棚卸しして

一生を通して自分を鍛える道に取り組みたいなと思ったときでした。

ひとつの続けた趣味といえるものもなかったので

これをやっていると胸を張れるものが欲しくもありました。

 

もう一度やってみようか。

 

そう思っていた頃、同期の将棋好きに誘われ、会社の将棋部に顔を出してみました。

2011年秋、出版健保の将棋大会に出ました。

4戦して1勝3敗。

10年ぶりに指した大会の内容は酷いものだったけれどすごく楽しかった。

盤に向かい、戦いに熱中する。将棋を通して別の会社の方と交流する。

団鬼六の真剣士小池重明から将棋に入ったと教えてくれた人もいたw)

会社の将棋部のOBがアドバイスをくれる。この空間、この文化。

10年経て私は将棋を自分からやってみたいと思った。

受け身ではなく 自分で決める。

回り道をしたけれど、もう一度この世界に触れたい、今度こそ深めたい。

  

弱く自分に甘いわたくし(うふ)

 

そんな人間でも おばちゃんでも 初段を目指すよ!でっきるかな~!

歩みを記録していきます(^^)