低級指す将の日々

将棋強くなりたいなと思ってしまった30代女性の奮闘記。移住、結婚などの変化があっても続けられるのか。おばあちゃんまでに初段が目標です。

ぴよの手も借りたい

ぴよ将棋という将棋アプリ。

指すと「ぴよぴよ」という効果音が「かわいいなあ~」と思って、駒落ちの練習などに使っていたのですが、この子の棋譜解析機能がけっこう使えるのです。

 

将棋ウォーズ、将棋クエストなどのオンライン対戦はお相手と感想戦ができませんね。

感想戦は「どこが良くてどこが悪かったか」振り返り、反省する学びのチャンス。

自分だけでなく、お相手の考えていたことを聞けると学びは2倍以上。

けれども オンライン対戦などでお相手と感想戦ができない~。

 

そんなときはぴよ将棋の出番です。

助けてぴよぴよ~!( ゚∀゚)o彡

 

ぴよ将棋のトップのウォーズ棋譜検索orクエス棋譜検索から棋譜を探します。

(IDで検索できるよ)

選択した棋譜を開きます。メニューから棋譜解析(自動解析)を選択します。

しばし待つと形勢グラフ、悪手・疑問手・良手、一手一手の推奨手を ぴよぴよが出してくれます。

わーお、見える化!ありがとう、ぴよぴよ

 

この一手一手の分析が勉強になるのです。

例えば下図の次の一手。

 

f:id:marumarumarucco:20170714132412j:image

 

ぴよぴよの手は

 

▲3四歩

△同銀

▲4四角 ! 王手飛車!!(´口`)

 

実戦で見つけられなかったのですが手筋ですね。

早速、直近の対局にも活かすことができて嬉しいです。

 

便利な将棋ソフトをスマホで手軽に使える時代です。ソフト使うことにためらいがあったのですが、最近は考えを改めております。

近道できるなら補助的に使おうと。

解析しながら自分の頭でも考えるので感想戦を放棄しているわけではないですし。

どんどんツールとして使って自分の学びに活かしちゃおっと。